アンプルールのシミ、くすみへの効果は!?【ハイドロキノン】

アンプルールのシミ、くすみへの効果は!?【迷っているなら】

アンプルールはビーグレンと並んで効果の高いハイドロキノンコスメですね。

 

アンプルールのハイドロキノン配合コスメは2種類あります。
どっちも結構良い値段します。

 

1つずつ見ていきましょう。

コンセントレートHQ110

なんとも長い名前ですね(笑)

 

これはスポットタイプのクリームで、特に気になるところを集中ケアするために作られたものです。
これは1万円もする結構高額なスポットクリームなんですが、効果は結構いい感じです。

 

さすがにすぐにシミがキレイになるとうい感じではないですが、1ヶ月使うとそこそこ肌が明るくなった気がします。基本的に夜専用の美容液です。

 

残念な点

 

欠点はやはり価格ですね。
アンプルールのコンセントレートHQ110は伸びがそこまでよくないため、持って1ヶ月です。
(スポット美容液なので仕方がないのかもしれませんが・・・)

 

ビーグレンのホワイトクリームexも同じ30mgで10500円なのですが、ビーグレンの方が伸びが良く持ちが全然よいです。
ちなみにハイドロキノンの配合料はアンプルールが2.5%、ビーグレンが1.9%です。

 

 

薬用アクティブフォーミュラ

アンプルールのリピータ率が81%とのことで良い美容液だと思います。

 

トライアルでは中々効果は実感できないかもしれませんが、1ヶ月ほど使い続けると肌が明るくなった気がします。

 

しかし、それがコンセントレートHQ110なのか、薬用アクティブフォーミュラのおかげなのかはわかりません。

 

 

残念な点
保湿力に難アリです
とろみのある化粧水という感じで、保湿力もあるのかなぁと期待していたのですが、保湿に関してはイマイチです。
夏なら良いかもしれませんが、冬だとかなり乾燥するため、コスパは非常に悪いです。

 

保湿化粧水としては、使えないので、乾燥肌の人は自前の化粧水を使ったほうがよいでしょう。
私の場合は美容液にビーグレンのCセラムを使うことにより、カバーしています。
ビタミンC誘導体とハイドロキノンとの併用で一石二鳥です。

 

アンプルールって結局どうなの!?

スポッツ美容液のコンセントレートHQ110は優秀。
その他は効果の割に高い。ビーグレンのCセラムとの併用がオススメ

 

 

アンプルールは価格こそ高いものの、シミやくすみ対策としては効果のあるハイドロキノンコスメだと思います。
しかし、シリーズ全て良いかというとそうでもなく、スポッツ美容液のコンセントレートHQ110が特にオススメな感じです。
薬用アクティブフォーミュラに関しては効果の割に価格が高いので、個人的にはリピートしませんでしたね。

 

ハイドロキノン自体、美容液として使うのが一番効率的なようですし、化粧水としては微妙です。
個人的にはビーグレンのホワイトクリームexの方がコスパがかなり良いため、そちらを普段使い。
コンセントレートHQ110で、気になるところを集中ケアしています。

 

あとシミをケアしたいのであれば、ビーグレンのCセラムの併用をおすすめします。
保湿力が異常に高いのと、これ単体でも色素沈着効果がありますので。

 

ビーグレンのホワイトクリームexとの比較ですが、
そばかすなど、カバーしたい範囲が広い場合はビーグレン。
狭い範囲のシミを集中ケアしたいのであれば、コンセントレートHQ110
がそれぞれオススメです。

 

ビーグレンについてはこちらにまとめてみました

 

トライアルセットが非常にお得で、6600円相当が1840円で手に入るので非常にお得です。
買ったことのない人は一度試してみても損はありません。

 

 

ラグジュアリーホワイト HQトライアルキットの公式HPはこちら

 

PS
アンプルールのハイドロキノンコスメのトライアルセットが今だけ1980円で販売されています。
(4月までは1380円でした。段階的に値上げをしていくようですね)
試すならお早めに!!