歯科の裏事情

一般の方の歯科医に対するイメージで、まず最初に頭に描くのが「痛い」で」ゎい」というものでしょう。とくに「痛い」という問題は、歯科医にとっては大きな課題となっていました。実際には、痛みを感じさせる治療の際には麻酔を使用しますので、それほどの痛みを患者さんに与えることはないはずですが、たとえわずかとはいえ「痛い」という現実はありました。また音と振動によって、で」わさ」のイメージは増幅されていました。これさえ取り除けば歯科医に行くことがこわくなくなり、気持ちの負担なく気楽に行けるので、結果として早期発見、早期治療、予防にも大きく貢献することができると思うのです。歯科医がこの「痛い」で」ゎい」という2大関門を通り抜けないと、いっまでも歯一般の方の歯科医に対するイメージで、まず最初に頭に描くのが「痛い」で」ゎい」というものでしょう。とくに「痛い」という問題は、歯科医にとっては大きな課題となっていました。実際には、痛みを感じさせる治療の際には麻酔を使用しますので、それほどの痛みを患者さんに与えることはないはずですが、たとえわずかとはいえ「痛い」という現実はありました。また音と振動によって、で」わさ」のイメージは増幅されていました。これさえ取り除けば歯科医に行くことがこわくなくなり、気持ちの負担なく気楽に行けるので、結果として早期発見、早期治療、予防にも大きく貢献することができると思うのです歯科医がこの「痛い」で」ゎい」という2大関門を通り抜けないと、いっまでも歯痛治療」がほぼ現実化してきたのです。日本国内ではまだ、数か所の開業医が使用しているのに止まっていますが、私どもの『紀尾井町プラザ歯科』では日常的にこの「エア・アブレーシブ・テクニック」を用いています。その結果、患者さんにはほとんど痛みを感じさせてはおりません。