ハイドロキノン コスメなび :美白やシミ、くすみに悩む40代専用

 

ビーグレン ハイドロキノン  アンプルール ハイドロキノン

ホワイティシモ  

ビーグレン アンプルール


 

効果があるものだけ厳選!!美白ケアコスメお試しランキング

 

 

私が使った感想&28人を独自調査した口コミをもとに良い順に並べてみました。

 

特に使い始め〜効果が実感できるまでの期間が短いという点を重視しています。

 

どれもトライアルセットが非常にお得なので気になったものがあったら試してみましょう!!

 

ビーグレンは365日返金保障付きです!!

 

ビーグレン美白ケア

ビーグレン美白ケア トライアル

40代からのシミやくすみ解消を早く実感したいなら

 

ハイドロキノン1.9%配合
美白定番成分のシミホワイト377&高濃度ビタミンC誘導体配合
乾燥&敏感肌でも使える超保湿使用
使った人の感想を一部紹介

数日のうちに効果が分かりました。ビーグレンのビタミンCセラムと併用。
肝班が良く取れています。少々あるソバカスもかなり薄くなってきました。
50才 女性 乾燥肌 

ビーグレン美白ケア トライアル

 

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ

アンプルール ラグジュアリーホワイト

同じハイドロキノンでも若い人に人気

ハイドロキノン2.5%配合
くすみや肌のトーンアップ効果大
20代後半〜30代に特に人気!!
使った人の感想を一部紹介

美白は意識せずに購入。思っていたよりもどんどん色白になります。
かなり濃いシミにはちょっとパワー不足ですが、ファンデーションが全然合わなくなるくらい違いました。
43才 女性 乾燥肌

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

POLA ホワイティシモ

POLA ホワイティシモ

夏のUVカット&肌のトーンアップなら

シミ&くすみ予防に効果あり
シミ予防&UVカットで夏にはピッタリ
ハイドロキノンは配合していないため、あくまで予防とトーンアップ
使った人の感想を一部紹介

最初はあまり期待せず使ったのですが、テクスチャーがサラっとみずみずしく、伸びが良かったです。
とりあえず夏のしみ対策はこれで行こうかなと思っています。

 

ホワイティシモ

 

一口メモ

ハイドロキノンのコスメといってもかなり種類が少ないんですよね。
実際は化粧水タイプか美容液タイプに別れます。
化粧水タイプはアンプルールから出ている薬用アクティブフォーミュラしかありません。

 

美容液タイプでは、ビーグレンとアンプルール、ドクターシーラボ位ですね。
他にもまだあるかもしれません。

 

シミやくすみに悩む人は最終的に愛用しているのがビーグレンかアンプルールです。
私もこの二つを目的別に使い分けています。

ハイドロキノンコスメ選び 3つのポイント

 


ハイドロキノンは非常に強い漂白成分を持っています。
よくハイドロキノンで白斑を心配する人がいますが、日本人の肌では5%以下であれば心配がないとされています。
よく個人輸入でハイドロキノンの原液を入手し、薄めて10%や20%といった濃さで使用する人がいますが、そういった人の多くは白斑を併発してしまっています。
売っているハイドロキノンコスメのほとんどは2%前後です。
(と言ってもハイドロキノンは生成が非常に難しく、製造できるメーカーは非常に限られています)

 


シミや、くすみなどのケアしたい範囲が狭いのか?広いのかは結構重要です。
例えばハイドロキノンコスメの2強アンプルールとビーグレンは価格がかなり違います。

 

アンプルールでは狭い範囲の集中ケアがむいていますし、ビーグレンでは広範囲の美白が向いています。

 

あまり知られていませんが、ハイドロキノンはシミやくすみとなるメラニンの生成を抑える働きがあるのであって、シミやくすみをダイレクトに薄くする成分があるわけではないんです。
メラニンを抑制しながら、シミやくすみを肌のターンオーバできれいにしていくという成分なんですね。

 

ビタミンC誘導体は強力な色素沈着効果があるため、
シミやくすみ、そばかすにダイレクトに効いてくれるんです。
ビタミンCは肌の深部まで届きにくい特徴があるため、特に高濃度なビタミンC誘導体がおすすめです。
効果が高く、愛用者が多いことで有名なのはビーグレンのCセラムですね。

 

しみとくすみを気にする40代が使うハイドロキノンコスメ

 

最強ハイドロキノンコスメお試し対決


シミを薄くするためのスキンケア商品の成分というのはとても沢山のものがあります。
お肌に合ってあっている成分と、あっていない成分があると思いますが、一般的にシミに効果的な成分というと、ビタミンC 誘導体やハイドロキノンや
シムホワイト377、この他にプラセンタやリコピンなどがあります。
それぞれに持っている成分が違っていて、メラニンの肌を抑えてくれるような働きだったり、お肌のターンオーバーを助けてメラニン色素を
どんどんお肌の外に排出してくれるような働きを持っていたりします。こういった効果のある成分を使うことでシミを予防したり、
改善したりしていくような効果を実感することができると思います。
しかしシミというのはお肌の深い部分から作られてしまっているので、スキンケアを行ってもすぐになくなってくれるものではありません。
毎日のようにスキンケアを行っているのに、なかなかシミがなくなってくれないからといって諦めてしまわずに、根気良くシミに効果のある成分を
肌につけてあげるようにしましょう。
お肌というのは定期的に入れ替わりを行っているので、その入れ替わりの際にメラニン色素が排出されていきます。
ですから毎日継続したスキンケアを行ってあげることで少しずつメラニン色素が排出されてシミが目立たなくなってきます。
ただ長い期間が必要になってくると思いますが、根気良くスキンケアを行っていけば必ずシミに効果が出てくると思います。
またシミに効果のある成分の中にはお肌に合わないというものもあると思いますから、そういったものは無理をして使わないようにしましょう。

 

ニキビの悩みに役立つHP

本当に効くニキビ洗顔特集はこちらから